2012年07月01日

てんかん発作

この週末 凛のてんかん発作が久しぶりに出てしまいました。
3年以上 大きな発作は出ていなかったので 本当に久しぶりですexclamation×2

今回の発作はかなり大きくて 足を4本硬直させたまま 電気ショックを
与えたかのように体全体が痙攣し 泡も吹いていました あせあせ(飛び散る汗)

時間にして1〜2分だと思いますが 触ったりすると余計興奮して
しまうので 何もできず とても長く感じます。


1カ月前 病院での血液検査で 肝臓値が高く出た為
いつも飲んでるお薬を1種類減らしたのが原因と思われます顔(汗)

凛のてんかんの治療薬はフェノバールビタールと臭化カリウムという薬です。

フェノバールビタールは人間のてんかん薬にも使われていて
精神の緊張を鎮めたり 睡眠導入剤にも使われる薬ですが
肝臓への副作用も強く出るため あまり大量には使えません。

臭化カリウムも人間のてんかんの薬として使われていましたが
あまり効果はなく、犬に対して効果が良く出る事が判明してから
犬のてんかん薬として多く使われるようになった薬です。

フェノバールビタールだけでは発作が抑えられない重度のてんかんの場合
臭化カリウムと併用する事で効果を高められるので 両方飲んでいました。

もう3年以上 大きな発作が出ていなかったので、臭化カリウムとの併用をやめ
肝臓値を下げられるようにしようという先生の考えで 1カ月間飲ませなかった
のですが、大きな発作が一晩で2回も出てしまった事から やはりこれからも
同じ様に フェノバールと臭化カリウムを併用する事になりました くすり

肝臓の数値は心配ですが、発作は直接 脳に影響があり命に係るため
肝臓の薬やサプリを飲ませつつ てんかんの薬も使わなくてはならない
ので 血液検査をまめにして 体調管理をしなくてはいけません。

肝臓に負担のかかるジャーキーなども控えなくてはと思います。

てんかん発作が出た後は 興奮状態で ハイテンションになってしまうため
セルシンという鎮静剤の 注射 をしてもらいました。(座薬や飲み薬もあります) 
この薬も人間用の睡眠導入剤としても使われている薬です。

病院の待合室では 少しまったり 下
1207013.jpg

注射のあと 1時間くらいは寝ていましたが すぐに冷めてしまい
その後も興奮は治まらず 全く寝なくなりました。昨晩も寝ていたのは
多分3時間くらいで あとはずっと部屋を走り回ったり吠えたり・・・あせあせ(飛び散る汗)

今回は土曜日の夜で良かったのですが 以前 頻繁に出ていた頃は
私も全く眠れず 殆ど徹夜で仕事に行く事もありました。

昨日は宙も眠れず 可哀想でしたが 凛を見守るようにずっと静かに
していてくれました。 犬同士 心で何かを感じ取っているのかな もうやだ〜(悲しい顔)

なぜ てんかん発作の後 こんなに興奮状態が続くのかは不明です。
先生に聞いても発作の影響でしょうと言うだけでよく分からない様でした。

今は興奮状態も覚めてきて 少し眠るようになりました。
このまま眠って 明日には普通に戻ってくれると良いのですが・・・


四葉  四葉  四葉


今日は宙だけ パパと一緒にお散歩に行きました。

1207011.jpg

タリーズで休憩して嬉しそう 犬(笑)
1207012.jpg


予期せぬ出来事で今週末は私もぐったり疲れました。


ニックネーム まっき〜 at 21:48| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする